ネイルサロンの売上アップに直結する5つの方法!

務めていたネイルサロンを退職して、念願のネイルサロンを開業される方が増えています。

それに伴い、ネイルサロンの売上アップや集客に頭を抱えている経営者も比例して増加しています。

ネイルサロンを経営していると、業績不振に悩む時期が絶対と言っていいほどやってくるはずです。

今まで通り順調に営業をしているのに、「お客様が減ってしまった」「リピーターが増えない」とお悩みの経営者は、新たな対策が必要と言えます。

そこで今回は、ネイルサロンの売上をアップさせるための5つの方法についてご紹介しましょう。

新規のお客様獲得やリピーターの作り方、その他の方法をわかりやすく説明文していきます。

ネイルサロンの売上アップ5つの方法

ネイルサロンは、自宅開業や狭いテナントでもオープンできる事業のため、ライバル店が増加しやすく集客に悩むことがよくあります。

基本的にネイルサロンの基本的な業務は、来店して下さったお客様に最高のネイルアートを施して満足してもらえることです。

その他、オイルやハンドクリームなどの商品の店頭販売や友人の紹介制度、クーポン、スクールを開講といった業務もあります。

ネイルサロンの売上をアップするためには、技術を向上させるだけでなく、様々な対策をして集客することが大切です。

では早速、ここから具体的なネイルサロンの売上アップの5つの方法をみていきましょう。

全スタッフが店頭販売に力をいれる

短期間で確実ネイルサロンの売上を上げるためには、店頭販売を充実させると効果的です。

ネイルにお金をかける女性は美意識の高い方が多く、キレイになるためにはお金も時間も惜しみません。

例えば、ネイルサロンで施術する際に、甘皮除去をすると指先が乾燥しやすくなるため、
ハンドクリームやオイルがあると乾燥を未然に防ぐことができます。

そこで、いつもより店頭でオイルやハンドクリームの販売を積極的にオススメすることで、簡単に店舗の売上アップに繋がります。

ネイルサロンでは、オイルやローションをショーケースなどに置いて店頭販売していますが、実際に置いてあるだけで、購入させる提案ができていないサロンは多いです。

店頭販売のオイルやハンドクリームは、利益率が非常に高いため、売れば売るだけお店側の売上に繋がります。

例えば、ハンドクリーム1本で利益が700円程度出る場合は、1日1本売るだけで月に2万円以上の利益がアップするというわけです。

そう考えると、売上アップすることはあまり難しくないと感じますよね。

ネイルサロンのハンドクリームやヘアサロンのトリートメントは、業界の専売品が多く商品アピールもしやすいのです。

ネイルの施術に5,000円以上払う女性は、1,000円のハンドクリームを購入する可能性は十分にあります。

ただし、ネイルサロンは居心地が良いリラクゼーションな空間も大切ですから、しつこく勧める営業は逆効果になるため注意が必要です。

大切なことは、最終的にお客様に満足してもらい、新たなお客様を呼び寄せる力を身につけることです。

ネイルサロンでの店頭販売は、売上を上げる方法としてはとても効果的な方法ですから、全スタッフが積極的に行うことで確実に売上を上げることができます。

紹介制度を取り入れる

ネイルサロンの新規客の獲得方法としては、来店してくださったお客様に友人や知人を紹介してもらうと効果的です。

紹介制度のメリットは、満足したお客様が紹介してくれるので、口コミにも繋がり、説得力のある営業力になるというわけです。

ネイルにこだわるオシャレな女性の周りには、必ず周りにも美容に興味がある人がいるはずです。

そして、顧客に友人を紹介してもらう代わりに、紹介者と新規客のネイル料金を割引することで、相互効果を狙うことができます。

新規獲得のための紹介制度は、インパクトのある大幅な割引が目を引きます。

例えば、20%OFF、2,000円引きといった大幅なディスカウントが有効ですので試してみてください。

クーポンを導入する

ネイルサロンの売上を上げるためには、新規客からリピーターになってもらうことが大切になります。

そこで、クーポン(金券)制度を導入すると効果的です。

結婚式の二次会の景品や誕生日プレゼント、母の日のプレゼントにクーポン(金券)として発行すると新規獲得に効果的です。

クーポンをもらうと、ネイルサロンで施術時が受けられるので、そこでまた新規客が増えてリピーターにつながる可能性があります。

例えば、母の日に顧客にクーポン(金券)がある営業をすれば、次回の来店で親子で来てもらえるもいうわけです。

クーポン(金券)制度は、売上を上げる方法としてはとても効果的な方法なので実践してみてください。

ネイルスクールを開講する

ネイルサロンの売上アップのためには、ネイルスクールを併設するのも効果的です。

せっかくのネイル技術をサービスで提供するだけでなく、ネイルスクールの講師をすることで店舗の売上を加速させることができます。

完全にマンツーマンの個人レッスンの場合は、2時間〜3時間から始めることができるので、併用することも難しくありません。

お客様の予約を取るように、スクール生も同時に募集して予約を入れてもらうことで、効率よく売上をアップことが可能です。

ネイルスクールはほとんど原価がかからず、スクール料金のほとんどが利益になるため店舗の売上アップのためにとても効率的です。

複数人のスタッフを抱えている場合は、ぜひネイルスクールを併設されることをオススメします。

値引きをし過ぎない

施術の料金は、オープニングや初回など特別なときにだけ大きな値引きをするようにしてください。

大幅な値引きをすればいったんは集客することはできますが、1回限りのケースが多くなり、リピーターに繋がらないことが多いです。

いつも値引きをしていると通常料金ではお客様は損した気分になるため、いづれ予約がこなくなるという事態が起こってしまいます。

そして、割引きをしてもなかなかリピートしてくれない、客単価が安くなるといった新たな問題が発生してしまうのです。

そういった状態にならないためにも、キャンペーンや値引きをしすぎて、リピーターを減らさないように気をつけましょう。

ネイルサロンの売上アップのまとめ

今回は、ネイルサロンの売上アップに繋がる5つの方法をご紹介しました。

ネイルサロンの売上は、決してネイルの施術だけが全てではないことはもうお分かりいただけたかと思います。

店舗の売上アップを図るためには、店頭販売に力を入れたり、クーポン(金券)制度や紹介制度の導入すると効果的です。

また、ネイルサロンとネイルスクールを併設させることにより、空き時間を無駄にすることなく自然と売上を上げることができます。

まとめると、顧客の単価アップを図るために店頭販売やクーポン(金券)の売上を上げること、そして顧客を通して新規客を獲得する紹介制度に力を入れることをオススメします。

まずは、今回ご紹介した5つの方法を参考にして頂いて、今からできることを実践して、効率的に店舗の売上アップを図っていきましょう。

 

繁盛マーケティングのサービスにご興味を持たれたり、あなたが集客に困っていて繁盛マーケティングのチームに相談をしてみたいと感じているなら、まずはこちらのお問い合わせボタンからお気軽にお問合せください。お急ぎの場合は、お電話での受付も対応も可能です。

お電話の場合/050-3631-9191
受付時間/10:00〜19:00(土日祝除く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

林九太

店舗経営者の売上・利益アップに直結するためのマーケティングと動線設計が得意。1つの集客アイテムに特化させるのではなく、店舗がすでに利用している販促アイテムの効果を最大化するための戦略からスマートフォン集客、リピートの仕組み化、客単価を上げるための価値戦略、心理学を用いたメニューのプライシング設定、カメラ技術に売れる文章などトータルで改善をサポート。店舗の売上アップが自然とできるためのベルトコンベアを作り上げ、利益が倍々に増える繁盛店が続出。集客改善のサポート業種も豊富である。 【クライアントに成果】を信条に、とにかく結果にフォーカスした実践的な内容のコンサルが得意。