お客様の信頼関係を強めるニュースレターの書き方

美容院やネイルサロン、リラクゼーションサロン、その他美容サロンから整体まで、これまで少しでもリピートしてもらおうと様々な施策を試みている事と思います。

中にはホットペッパービューティーは見込み客へのアプローチツールとして活用しているのに対し、それから獲得したお客様に対し、なかなかリピートせず悪戦苦闘している方も少なくないでしょう。

今回は、そのような方に向けて、リピート対策の一つである「ニュースレター」について解説していきます。

ニュースレターとは

ニュースレターとはいったいどのようなものを指すのでしょうか。ニュースレターとは、簡単に言うと「会報誌」を指します。

お店の情報や働いているスタッフの事、それを支える会社の事から、企業理念やこだわりなど、お客様に知って頂きたい内容を1枚の用紙や、冊子にして送り届けます。

ニュースレターの本質

ここでニュースレターについてよく間違えがちな事を先にご説明しておきましょう。ニュースレターはセールス(売込み)し、リピートしてもらうきっかけを作るのではありません。「ニュースレターを送る=売上が上がる」のではありませんので、ここは最初に理解しておきましょう。

ニュースレターの本質はずばり「セールスではなくあくまでもお客様との信頼関係を構築するツール」、「お客様を教育するツール」です。ニュースレターを使ってあなたのお店の情報を提供し、お客様に知ってもらう事で徐々に信頼関係を構築していきます。

また、定期的に発送しますので、あなたの店の存在を忘れないようにし、間接的にリピートするきっかけを与えていきます。つまりこの施策自体はセールスを行いませんが、結果的には再来店を促し、リピートしてもらう事で売上の向上につながっていきます。

このニュースレターの本質自体を捉え違うと、全く意味をなさないので充分注意しましょう。

ニュースレターを書く内容

それではニュースレターでどんなことを書いていくかを解説していきます。基本的な内容としては以下の様なものがありますので、初めてニュースレターにチャレンジする方は特に何から書いたら良いか迷う事もあると思いますので、参考にしてください。

1.お店の話題や新着情報

あなたのお店の話題や新着情報についてをニュースレターに書いていきます。ホームページをお持ちの方は「ニュース」として挙げられる話題をこちらに反映するというと分かりやすいでしょうか。

店舗やサイトのリニューアルオープン情報や、ブログの人気記事の情報、新たに導入した設備やツールの紹介など前もって情報を開示する事で、ご来店時の話題にもなります。

2.スタッフの紹介(自己開示)

2つ目の項目としてスタッフ紹介などがあります。あなたの店で働いているスタッフのあいさつからプロフィール(フルネーム、出身地、趣味や特技、得意な施術など)を掲載していきます。

一度にすべてのスタッフではなく一人ずつ程度の割合で出演していくと、一定の割合でそれを楽しみにしているお客様も出てくるようになります。プライベートな事を提示すればするほど、お店やスタッフのファン化のきっかけにもなります。

自己開示する事で、実際にあった時の心の距離感や安心感が全く異なってきますので、ニュースレターにおいてもこの項目は重要な内容です。

スタッフの休日の過ごし方や、店休日にスタッフ全員で遊んだこと、社員旅行などのオフショットなどを載せるのも効果的です。

また、技術向上の為のセミナー出席の際のちょっとした情報や、あなた自身がセミナー講師であれば、その情報も載せる事で、技術のアピールにもなりますので積極的に掲載していきましょう。

3.商品やサービスのこだわり

あなたや働いているスタッフにとっては当たり前に知っている事も、お客様は実際曖昧だったり、知らなかったりするものです。

あなたの店でより扱っている商品やサービスを1つピックアップして、取り扱うまでに至った内容やなぜこの商品やサービスを取り扱っているのか、オススメしているのかなど事細かく紹介していきます。

スタッフ紹介と同様に毎号一商品やサービスと小出しにしていきましょう。こちらもニュースレターのコーナー化する事でお客様がニュースレターを継続くして読んでくれるきっかけとなります。

また、あくまでも紹介であり、ニュースレター内でセールスするのは厳禁です。セールスする気持ちはわかりますが、お客様が少しでもセールスを感じてしまうと、せっかくのニュースレターが意味をなさなくなりますので充分注意を払いましょう。

また、期間限定の特典やキャンペーン内容、イベント内容などセールスに関わる告知は、ニュースレターとは別の用紙で用意しましょう。

ニュースレターとセールスレターを混同してしまうと、お客様が読まなくなってしまう原因となります。別々に送付したり、ニュースレターは郵送、セールスレターはオンライン(メールやSNS)とアプローチの方法を分けるのも良いと思います。

もしあなたの店が、マーケティング自体を全てオフラインで行っている場合は封筒内で「別々に分けて」一度に送付するようにしましょう。

企業理念や物語

あなたの店の理念や設立してから現在までの沿革などはホームページをお持ちの方は、ページ内に表示していると思いますが、いったいどれほどの方がそれを見て理解してくれているでしょうか。

もちろんホームページ内での表示は24時間誰でも見る事ができるメリットがありますので、表示しながらもニュースレターでは毎回決まった箇所に表示するなど、お客様が見る機会を故意的に増やしていきます。

なぜこの店を設立したか、設立時から変化していった内容、法人化のタイミングなど店の内側を見せる事で、読んでいるお客様に信頼を与えます。

ニュースレターの構成によっては広いスペースを取れない場合もある事と思いますので、簡潔にわかりやすく表現しましょう。

更に詳しい内容を表示したURLを記載し、ホームページへ誘導するのも良いでしょう。

ニュースレターの形式やサイズ

ニュースレターには必ず決まった形式やサイズはありません。A4サイズの両面やA3サイズを二つ折り、予算をかけれることができできるのであれば冊子にする会社もあります。

また、パソコンで作成して綺麗にまとめたり、温かみのある手書きでの作成など会社によって様々です。

ニュースレターは番号をふり、バックナンバーも読むことができるようにすると、ファン化のきっかけともなりますのでご参考ください。

ニュースレターのテンプレート

ニュースレターをパソコンで作成したいが、デザインスキルに自信がない、デザインのアイディアを出すのに時間がかかってしまい、こまめにニュースレターを出そうと思っていてもスケジュール通りにいかないとお困りの方に、無料でニュースレターのテンプレートを提供している印刷会社をご紹介します。

これから挙げる会社は本来印刷会社ですので、その他のセールスレターやDMの作成、折り込み広告、集客用のチラシなども印刷から配布、エリア別にポスティング等も出来ますので、ご参考ください。

パワポでポンっとチラシのデザイン「パワポン」

画像参照元:https://ppon.askul.co.jp/

ネット印刷でおなじみの「株式会社ラクスル」が提供してるサービス「パワポン」は、その名の通りパワーポイントで気軽に作成できる無料のテンプレートを提供しています。

会員登録なしで、1000以上ものデザインテンプレートがありますので、あなたのイメージやサービス内容に合ったデザインを見つける事ができると思います。

画像・動画素材サイト「PIXTA」

画像参照元:https://pixta.jp/

PIXTAは画像や動画素材を提供してる会社で、そのサービスの一部にニュースレターやチラシなどのデザインテンプレートがあります。美容院や飲食店などの業種別やセミナー集客やイベント集客など目的別に検索する事が出来る便利なサービスです。

https://pixta.jp/templates

これまでに挙げたニュースレターについてはご理解できましたでしょうか。これまであなたが行っているマーケティングに加え、このニュースレターを取り込んで新たな施策としてチャレンジしていきましょう。

ニュースレターのデザイン、その他ホームページの製作などのご相談やお問い合わせはご気軽にお問い合わせフォームよりご連絡ください。

繁盛マーケティングのサービスにご興味を持たれたり、あなたが集客に困っていて繁盛マーケティングのチームに相談をしてみたいと感じているなら、まずはこちらのお問い合わせボタンからお気軽にお問合せください。お急ぎの場合は、お電話での受付も対応も可能です。

お電話の場合/050-3631-9191
受付時間/10:00〜19:00(土日祝除く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

林九太

店舗経営者の売上・利益アップに直結するためのマーケティングと動線設計が得意。1つの集客アイテムに特化させるのではなく、店舗がすでに利用している販促アイテムの効果を最大化するための戦略からスマートフォン集客、リピートの仕組み化、客単価を上げるための価値戦略、心理学を用いたメニューのプライシング設定、カメラ技術に売れる文章などトータルで改善をサポート。店舗の売上アップが自然とできるためのベルトコンベアを作り上げ、利益が倍々に増える繁盛店が続出。集客改善のサポート業種も豊富である。 【クライアントに成果】を信条に、とにかく結果にフォーカスした実践的な内容のコンサルが得意。