見込み客を集める為に理解しておくべきWEB集客の概要

オウンドメディア 集客

見込み客を集客するうえで、チラシの様なオフラインからの集客と広告やホームページ、ブログ、SNSなどWEBからのオンライン集客があります。

双方メリットデメリットがありますが、大半の情報がスマホ一台で得られるようになった現代では、昔と比べてWEBからの集客が容易となりました。

容易となった分、うまく使えばたくさんの見込み客にアプローチできる反面、どの競合他社も行っているので年々手強くなってるのも事実で、悪戦苦闘しているWEB担当者も多くいらっしゃいます。

今回はWEB担当者が見込み客を集める為に押さえておかなければいけないポイントを中心に解説していきます。

WEB集客のメリット

まずはWEB集客のメリットからしっかり理解しておきましょう。このWEB集客のメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

・24時間365日見込み客にアプローチができる

・初期投資が少なく始められる

・様々なデータの効果測定ができる

・WEBからECサイト、実店舗への集客や購入まで繋げることができる

発信する情報の価値を高めていけば資産として運用できる

 

WEB集客のデメリット

一方メリットだけではありません。ウェブ集客のデメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

・無料からでもできる分、ライバルも多い

ライバルとの違い、強みが分からなければ見込み客が選ぶのは運任せ

SEOを正しく理解しておかなければ、成果が出るまで時間がかかる

・見込み客を集めた後、顧客育成を行わなければならない

 

WEBから見込み客を集める方法と種類

ではメリット、デメリットを理解した上で、オンライン上から見込み客を集めるにはどのような方法があり、どのようなことを行わなければいけないのでしょうか。

WEB集客を試みている方は復習として、これから導入を検討している方はこれを機に正しく理解しておきましょう。

web集客 方法

 

オウンドメディアからの集客

まずはメインとなるオウンドメディアからの集客です。オウンドメディアとは、ホームページやブログなどのサイト、メルマガなどをはじめ、オフラインではカタログや会社案内など自社が運営する媒体を指します。

特にWEBからの集客であればホームページやブログなどが中心となっています。ここからの集客方法としては「検索から」「他媒体から」の2つのパターンがあります。

オウンドメディアは顧客との関係構築の場であり、ここにアクセスを集中させることで、あなたの会社や店舗の魅力を知らせるだけでなく、ブランディング、お客様へお安心感含め信頼関係の構築を行う大切な場所です。

中にはホームページは要らないという方もいらっしゃいますが、このホームページなどのオウンドメディアがないという事は、現代においてWEB上であなたの会社や店の価値を表現する場がないと言っても過言ではありません。

ホームページ制作

 

sns集客

 

アーンドメディアからの集客

オウンドメディアを手助けする位置、双方を高める位置になるアーンドメディアとはFacebookページInstagram、Twitter、LINEなどのSNSが挙げられます。

アーンドメディアはあなたの会社や店の情報や価値を表現しているオウンドメディアに集客したり、それぞれのSNSを利用しているユーザーに情報や価値を拡散する為のメディアです。

無料でできますので正しく運用すれば、コストがかからず見込み客へのアプローチができ、ビジネスを反映させる為の手段として魅力的なメディアです。オウンドメディア、アーンドメディアの両方を運営することは現代では必須です。

 

 

ペイドメディア 集客

 

ペイドメディアからの集客

オウンドメディア、アーンドメディアの双方を手助けする位置にあるペイドメディアは、WEB広告、CM広告、新聞広告や雑誌広告などいわゆる広告費を払って、不特定多数にあなたの会社店を認知してもらう為のメディアを指します。

これら3つのメディアを使うことで相乗効果を生みあなたの会社や店の存在、価値を広めていきます。

WEB担当者は何をすべきか

3つのメディアの存在と、役割が曖昧な担当者はまずここをしっかり理解することは必須です。関係性を理解することでそれぞれのメディアで何をするべきか、また不足しているものは何かが明確になってくるでしょう。

ではWEB担当者は会社や店の価値を高め、見込み客を集め、商品やサービスを購入してもらう為には何をしなければいけないのでしょうか。

専門的な知識が不足したままのWEB担当者はなかなか成果が出せず、困っている方も多くいますので、これから挙げるWEB担当者がやるべき事を把握し、曖昧なこと、足りないことはすぐにでも取り掛かっていきましょう。

 

ターゲット・ペルソナの設定

WEB担当者の方なら必ず聞いたことがあるこのターゲットやペルソナ。先程挙げたオウンドメディア、アーンドメディア、ペイドメディアの3つのメディア運営でも非常に大事なポイントです。

現在、様々なビジネスでWEBを使ったマーケティングを行っている企業は多いですが、成功する企業、そうでない企業の最も大きな違いは、マーケティングを行う上での初期段階であるこの「ターゲット・ペルソナ」の設定にあります。

繰り返しテストを行い、ベストな設定を検証している方はよいですが、曖昧のままマーケティングを行い続けると必ず思い描くような結果は得られません

あなたが展開している商品やサービスは、どのような方に向けて、どのような方の困っている事や悩みを解決するものなのかを明確に表現する為にもこれらの設定が欠かせません。

USP(独自ウリ)の設定

これらに付随して独自のウリを指す「USP」の設定といった3つの設定がうまくいっていない企業ほど、WEBだけにとどまらず、オフラインでも成果を出し切れていないと言っても過言ではありません。

U・・・・・・ユニーク→独自→特徴
S・・・・・・セリング→売り→強み
P・・・・・・プロポジション→提案→メリット

つまり、「他社にはない特徴と自慢できる強み得られるメリット」ということです。これを言葉で表現したものがUSPとなります。USPとは「特徴+強み+メリット」を書いたものなのです。

あなたの商品やサービスにはどんな特徴があり、同業他社と違ってどのような強みがあり、あなたの商品やサービスを購入することでどんなメリットをもたらすかを明確に表現します。

見込み客を集める

ではこれらを把握し、設定した上でWEB担当者は実際に見込み客を集めなければいけません。

見込み客を集めるには、ホームページやブログなどのオウンドメディアにアクセスを集め(集客)、あなたの会社や店を認知してもらい、商品やサービスに興味を持ってもらう活動を行います。

オウンドメディアへの集客には「SEO対策を行い、アクセスを増やして1人でも多くの方に認知してもらう」、「アーンドメディアを使い、オウンドメディアにアクセスを集める」「ペイドメディアを使い、オウンドメディア、アーンドメディアにアクセスを集める」この3点に注力していきます。

集めた見込み客を育成し、顧客に成長させる

ただアクセスが増えても、あなたの商品やサービスを購入してもらわなければ利益は生み出せませんので見込み客をただ集めればよいというのではありません。

集めた見込み客に対して育成する、つまり見込み客から商品やサービスを購入してもらう新規客へ、そしてそれを繰り返し購入してもらう定着客へ、何年もの間あなたのファンであり、あなたの商品やサービスを購入するだけでなく、応援してくれる顧客へとランクアップしてもらう仕組みを作らなければいけません。

 

まとめ

見込み客を集める為に理解しておくべきWEB集客の概要は理解できましたでしょうか。

・WEB集客のメリット・デメリットを理解する

・WEB集客における3つのメディアの役割を理解する

・WEB担当者は何をすべきかを理解する

大きくこれら3つを正しく理解してうえで、今後WEBを使って見込み客を集客する為のマーケティングへと役立てていきましょう。

 

ご不明点やご相談は下記フォームにてご気軽にお問い合わせください。

contact_now

まずは、お気軽にお問合せください。

もし、あなたが集客に困っていたり、相談をしてみたいと感じているなら、

まずは、お気軽に問合せフォームよりお問合せください。

このホームページからお問合せ頂いた方は、
通常、有料で提供している相談(コンサルティング)を無料で行わせていただきます。

問題の発見から具体的な解決方法をご提案させていただきます。

コンサルタントが明確にあなたの悩みを解決していきます。

押売りや勧誘なども一切行いません。

あなたの決心を大事にしていますので、お互いが納得した上で取引させていただきます。

まずは、あなたの現状をお話いただき、
悩みや方向性などをこちらのフォームよりお送りください。

お急ぎの場合は、お電話での対応も可能です。

▼お電話でお問合せはこちら▼


(スマートフォンのみタップで電話がかけられます)

▼365日24時間対応お問い合わせフォームはこちら▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください