ブログで集客ができない方が学ぶ効果的な記事の書き方

ブログ 集客できない

インターネットの普及により、自社でブログを作成しそこからの集客を見込んで日々運用しているにも関わらず「書いてもアクセスが増えない」「ブログからの集客効果がない」「お問い合わせがない」などと悩んでる方も多く見られます。この状況を繰り返すうちに、モチベーションの低下にも繋がり、せっかく立ち上げたブログとその労力が無駄になってしまうこともあります。

今回はこのようなブログ集客ができずに困っている方に向けて、正しいブログ記事の書き方について解説します。

ブログで集客する記事の書き方

ブログで集客する為の記事の書き方と手順

あなたが、これからブログを開設するもしくはすでに開設している場合でも、手順と書き方について不足してる項目がないか照らし合わせていきましょう。

1.ブログのターゲットを設定する

ここでは、ブログを読んであなたの商品やサービスを購入すること」もしくは「来店すること」を目標とする「コンテンツマーケティング」としてブログの活用することを前提とします。

では初めに、あなたのブログを読んで欲しいお客様はどんな方なのかを明確にする作業であるターゲットの設定を行います。

「ペルソナ」という言葉はご存知でしょうか。ペルソナとは想定顧客をより細かく設定したものを指します。

・名前

・居住地

・年齢

・家族構成

・職業

・・・・などある特定の人物を作り、そのペルソナの向けてブログの記事を書いていきます。

恐らくブログを書くことに慣れていない方は、より細かく設定するとブログを書けなくなってしまう傾向にありますので、今回はこのペルソナの設定を緩めてみます。

最低限必要なペルソナとして

・年齢

・職業

・居住地

・どんな悩みを持っているか

を設定していきましょう。そしてこのメインのペルソナから枝分かれさせて、複数のペルソナを作ります。

そうすると複数の悩みを持つターゲットが設定できますので、その悩みの対してあなたが解決できる商品やサービスをブログの記事内で解説し、提案する流れとします。

 

2.あなたのサービスが解決できるターゲットの悩みを洗い出す

次にあなたが展開しているサービスや商品が解決できるターゲットの悩みを照らし合わせていきます。

弊社のサービスの一部を利用して例を挙げてみましょう。

弊社のサービスの1つに「ブログ/オウンドメディアサービス」があります。

ブログやオウンドメディアの重要性を感じてはいるものの、デザインスキル、ライティングスキル、ノウハウなどを社内のスタッフが持っておらず、どこかに外注しようと考えている経営者様に対してサービスを提供しています。

この説明でお気付きでしょう。簡単に説明した文章の中に「ターゲットとその悩みの一部」が含まれてたことが分かったと思います。ブログで集客するとはこういうことを指します。

この様にしてあなたが展開しているサービスが解決できるターゲットの悩みをいくつも洗い出し、それをブログの記事に反映させます。これがコンテンツマーケティングの醍醐味です。

 

3.ターゲットが検索するキーワードを理解する

ターゲットの悩みを洗い出すことができたら、次は「検索するキーワード」を理解していきます。

今度は弊社のこの記事「ブログで集客ができない方が学ぶ効果的な記事の書き方」を例に挙げてみましょう。

ターゲットは以下の様なキーワードで検索していると予想されます。

・ブログ 集客

・ブログ 集客の仕方

・ブログ 書き方

・ブログ 記事 書き方

など。さすがにキーワードをすべて網羅した記事を書くには莫大な文字数になる為、その様な時は1記事、1キーワードで複数の記事を徐々に展開していきます。

注意点として「ビッグキーワードだけでブログの記事を書かない」ことです。

ビッグキーワードとは上記の例で行くと「ブログ集客」のようなものを指します。

ブログ集客は確かにターゲットが検索するキーワードではありますが、検索する方が多すぎてあなたが書いた記事が埋もれてしまいます。

その際の対処法として「複合キーワード」でブログ記事を書くのが適切でしょう。

この記事のタイトルである「ブログ集客できない方が学ぶ効果的な記事の書き方」にはターゲットのキーワードが5つ含まれています。

「ブログ 集客 できない」これはブログで集客を試みているが効果がなく、原因は何なのか、何か良い方法がないかを検索する時に入力するキーワードと予測されます。

この様に、あなたのサービスと「ターゲットのお悩みキーワード」を結びつけることで、その悩みを持ったターゲットの一部がこの記事を読んでもらうようになります。

ターゲットのキーワードを理解する無料のツールとして「関連キーワード取得ツール(仮名・β版)」や「キーワードツール」、「Googleキーワードプランナー」などが便利ですので合わせてご紹介しておきます。

 

4.ブログに書く記事を計画する

ターゲットの検索キーワードを理解してきたら、数多くの書くべき記事候補が見つかります。

言い換えると「何を書いたら良いかわからない」方は単なるリサーチ不足の状態ですので、まずはこの記事で紹介している書き方の手順を十分理解することが優先です。

次はこれらを計画的に行う為に計画を練っていきます。「関連するキーワードに関してコツコツと記事を書いてブログを更新する」「サービスが複数ある為、満遍なく記事を書いてブログを更新する」など、月間でどのキーワードでどんな記事を書くかの流れを計画しましょう。

前もって計画することでネタ切れの防止や、スケジュールの進行状況が把握できて効果的です。

 

これらの1から4の流れを「コンテンツプランニング」といいます。

コンテンツプランニングを行うことで、ブログやオウンドメディアの目的からキーワード設定、コンテンツの構造化が明確になりますので、ブログやオウンドメディア担当者の方はぜひ実行することをオススメします。

 

ブログで集客出来ない原因

ブログで集客できない主な理由

なぜこれまで日々の業務の合間や、仕事が終わって眠い目をこすりながら書いてるのに集客出来ないのでしょうか。ブログで集客できない方のブログを拝見すると大半が以下の様な状態です。あなた自身とブログ内容と照らし合わせてチェックしていきましょう。

 

SEOを理解していない

SEOとはSeach Engine Optimizationの略で、日本語で表すと検索エンジン最適化となります。

このSEOの仕組みを正しく理解していない為、あなたがせっかく努力したブログ記事がGoogleの上位に表示されていない結果、「見られていない」状態となっています。

SEOを正しく理解しておけば例え時間がかかっても、上位表示される可能性は上がりあなたのブログがあなたが読んで欲しいターゲットの目に触れることでしょう。

 

キーワード設定が曖昧な状態

SEOに付随して「キーワード設定の重要性」も理解できていない為、ブログで集客することができない状態に陥っています。

また、少しSEOを理解している方の中にはビッグキーワードだけを設定してしまう傾向があります。

ビッグキーワードとは例えば「居酒屋」や「美容院」など単体のキーワードを指します。

このキーワードだけではGoogleに表示される数多くの情報に埋もれ、これもまたターゲットに対してあなたンブログが見られていない状態となってしまいます。

 

ターゲットが不明確

続いては、あなたの業種が何であれ書いているブログを見て欲しい「ターゲット」が不明確なのが原因です。

「どんなことを思っているのか」「どんな情報を欲しがっているのか」「何に対して不満を持っている」などターゲットの悩みに対しての解決策=あなたのブログ記事とならなければいけません。

その為にもターゲットを詳しく設定し、その悩みを理解してあなたのサービスに結びつけることが大切です。

 

これらに当てはまってしまう方は、SEOの把握とコンテンツプランニングを実行してあなたのブログやオウンドメディアを有益なビジネスツールとして活用していきましょう。

 

最後に

ブログで集客出来ない方はなぜ集客出来ないのか、そしてこれから何をすべきかが理解できましたでしょうか。新規客が安定的に獲得できる資産価値の高いメディアとして、オウンドメディアの構築は既にビジネスをしている方は勿論これから起業を考えている方にも必須なものです。

ブログやオウンドメディアで新規客の集客やブランディングを行いたいが、業務上や人員上どうしても行えない方には弊社の「ブログ/オウンドメディアサービス」をご提案しています。

お困りの方はまず弊社のサービス内容をご覧ください。

 

 

ブログで集客出来ない方が読んでおくべき関連記事

contact_now

まずは、お気軽にお問合せください。

もし、あなたが集客に困っていたり、相談をしてみたいと感じているなら、

まずは、お気軽に問合せフォームよりお問合せください。

このホームページからお問合せ頂いた方は、
通常、有料で提供している相談(コンサルティング)を無料で行わせていただきます。

問題の発見から具体的な解決方法をご提案させていただきます。

コンサルタントが明確にあなたの悩みを解決していきます。

押売りや勧誘なども一切行いません。

あなたの決心を大事にしていますので、お互いが納得した上で取引させていただきます。

まずは、あなたの現状をお話いただき、
悩みや方向性などをこちらのフォームよりお送りください。

お急ぎの場合は、お電話での対応も可能です。

▼お電話でお問合せはこちら▼


(スマートフォンのみタップで電話がかけられます)

▼365日24時間対応お問い合わせフォームはこちら▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください