Googleマイビジネスのランキングへの影響テスト事例と注力すべき5つのポイント

Googleマビジネス ランキング

実店舗ビジネスを展開している方であれば登録は必要不可欠となったGoogleマイビジネス。

「エリア+サービス名」の検索をユーザーが行った際、通常の検索とは別のリスティングにて結果が表示されるという大きなメリットがあります。

これまで大手のポータルサイトや大企業によるSEO対策でなかなか上位にランクインできなかった場合でも、このGoogleマイビジネスを利用することで、検索ユーザーに大手や老舗の同業他社よりもあなたのビジネスの存在をアピールできる可能性を充分に秘めています。

今回は、弊社クライアント様のご協力のもと、一から登録してお問い合わせや予約が入るまでに行った内容を紹介します。

Googleマイビジネスに基礎情報を登録

まずはGoogleアカウントを取得し、マイビジネスに基礎情報を登録していきます。

Googleアカウント並びに、Googleマイビジネスへの登録の流れ、概要に関しては以前の記事にて紹介していますので、今回は割愛させていただきます。

>>無料で店舗や企業をPRできるGoogleマイビジネスの登録と使い方

>>Googleマップの検索順位の基準を理解してGoogleマイビジネスを最適化(MEO対策)

ポイント①登録名(ビジネス名)を検討する

Googleマイビジネス上に登録する名前を検討します。

理解しておくべきポイントとして「登録名」は今後のGoogleマイビジネスのランキングに強く影響する要素のため、充分検討の上、登録をしましょう。

もしあなたのサービスがラーメン屋をしており、屋号が繁盛であれば、その2つを登録名に組み込むことが大切です。

ポイント②主カテゴリーを決める

続いて、あなたのGoogleマイビジネスを決めていきます。よりあなたのビジネスのカテゴリーに近いものを選択することが重要です。

この主カテゴリーも、今後のGoogleマイビジネスのランキングに影響する要素のため、適切なカテゴリーを用いるようにしましょう。

サブカテゴリ―を決める

Googleマイビジネスでは、主カテゴリーの他、追加カテゴリーとしてサブカテゴリーを追加することができます。

主カテゴリー程ランキングに強く影響を与えないものの、少なからず影響はあるため、該当するものを登録しておくことをお勧めします。

注意点として、あなたのサービスとはかけ離れるようなカテゴリーを選択してしまうと、主カテゴリーとの関係性の阻害を犯してしまうリスクが高まるため、悪影響を及ぼします。

不適切なカテゴリーは選択しないようにしてください。

ビジネスの説明(ビジネス情報)やサービス項目を入力する

Googleマイビジネスの管理画面内に「ビジネスの説明(ビジネス情報)」、「サービス項目」という欄があります。

ビジネスの説明はホームページやブログのディスクリプションにあたります。つまり、ランキングには強い影響を与えないもの、検索ユーザーのクリックの後押しともなりますので、興味を持ってもらえるようなテキストを用いて説明文を入力しておくことをお勧めします。

サービス項目に関しても同様です。

現段階でのランキングを確認(テスト①)

最低限の情報のみを入力(名前、住所、電話番号、カテゴリー)した段階で公開し、数日後にどのように表示されているが実際に検索してみたところ、以下の様になりました。

※複数のエリアで複数のクライアント様でテストを行っています。

  • 地方(郊外エリア)で飲食店(居酒屋)を経営しているアカウント→2位
  • 都心部で美容院を経営しているアカウント→ランク外
  • そのエリアの都心部ではあるが他社がMEO対策を行っていない会計士事務所を経営しているアカウント→1位

これだけ見るとGoogleマイビジネスを用いれば簡単に上位表示できると勘違いしてしまいそうですが、実際はそう簡単ではありません。

これまで数多くの企業様や店舗様のGoogleマイビジネスのMEO対策を行ってきた経験や実績から申し上げると、Googleマイビジネスのランキング要素には

  1. 検索する位置(距離)
  2. 情報の密度
  3. 関連性
  4. 知名度

が深く関係していることがわかっていると同時に、私たちも実証しています。

もう一度GoogleマイビジネスというGoogleが提供しているサービスの本質を思い出してみましょう。

世界中で高いシェアを誇るGoogleは、「Googleを用いて検索するユーザーに対して最も有益な情報を提供」目指してします。

そのために、いくつものランキング要素やアルゴリズムが存在し、常に改良を繰り返して適切なコンテンツを上位に表示するような仕組みを構築しています。

「Googleのため」に最適化するという考え方をするのではなく、「検索するユーザーのため」にコンテンツを制作するという考え方を持つようにすることが最優先です。

これは今回のGoogleマイビジネスだけでなく、インターネット上に公開しているすべてのコンテンツにも同じことが言えます。

この項目で挙げた3店舗のうち2店舗が簡単に3位以内にランクインしたのは、あくまでも現段階で他社の店舗のGoogleマイビジネスよりもこの店舗のアカウントの方が「検索ユーザーに提供する情報として適切である」とGoogleが判断してくれたためです。

ちなみに、今回のランキングの確認はそれぞれのクライアント自ら行ったもので、私が行った場合、ランキングが若干異なった結果となりました。

これは先述した「距離」によるランキングの影響とも言えます。

もちろん、あくまでもアカウント内の情報が濃く、適切なものであるのが前提です。

つまり、あなたのサービス、他社の類似サービスの情報を必要としているユーザーに対して、より有益な情報且つ身近な位置にあるGoogleマイビジネスを表示し、提供することとなります。

サービスエリアの追加をする(テスト②)

GMB エリア追加

Googleマイビジネスでは、主とするサービスエリアの他、新たにエリアを追加することも可能です。

例えば、あたなのサービスにおいて「出張」を行い、店舗所在地から離れたところでも提供することができる場合や、通信販売会社の場合もこの機能を用いてサービスエリアを追加すると良いでしょう。

弊社クライアント様のうち、

  • レディースアパレルの実店舗とECサイトを運営しているクライアント様
  • 宿泊施設と特産物やお土産の通信販売のECサイトを運営しているクライアント様

の2社において、実店舗エリアと別に、「①近隣のエリアを追加した場合」「②少し離れたエリアを追加した場合」とでランキングに影響するかテストしてみました。

①の場合は、若干上昇傾向にあるものの、大きく変動することはありませんでした。

②の場合は、若干の下降傾向にありました。

Googleマイビジネス本来のサービスの意図を考えると、やはり実店舗にて直接サービスを提供するアカウントの方が、高く評価されやすいと考えられます。

ポイント③コンテンツの投稿・写真や動画追加する(テスト③)

続いて、Googleマイビジネスの機能である「投稿」を利用し、サービスに関連する画像やコンテンツの配信を行いました。(※投稿は一度でなく、継続して定期的に新たに追加するものとします。)

また、合わせて店内画像、サービスに関する画像、動画を追加し、その後のランキングにどう影響するかテストしました。

結論としてランキングには若干の影響しかなかったものの、投稿や追加した写真、動画を見る機会が増えた(エンゲージメントの向上)ため、結果的に良い方向に向かったと言えます。

ポイント④口コミを現顧客に依頼(テスト④)

Googleマイビジネス レビュー

Googleマイビジネスにはユーザーがレビューを投稿できる機能が付いています。

普段、Googleマイビジネスをあまり注力していない方は、この口コミ機能を軽んじているようですが、検索結果の上位表示としてかなり影響を受けます。

弊社クライアント様もその様なことを言っていましたが、「いつの間にかレビューを頂いたから返信しないと」という呑気なことを言っている場合ではありません。

クライアント様の顧客リストを利用し、これまでサービスを購入したことがある顧客様にアプローチし、Googleマイビジネスにレビューをお願いし、早急に口コミを集めてもらったところ、ランキングの変動は大きくプラスに働きました。

ポイント⑤被リンクを集める(テスト⑤)

作成したGoogleマイビジネスの被リンク数が増えるとどうなるかテストしてみました。(受けるリンクはビジネス名のアンカーテキストとしています)

結果は「関連性の高い被リンク」の数が増えるほどランキングにプラスに影響しました。

ホームページやブログと同様に、関連性の高いサイト、権威性の高いサイト、専門性の高いサイトからの被リンクはGoogleマイビジネスのMEO対策としても有効だということがわかります。

いますぐ取り入れるべき5つのMEO対策まとめ

  1. 登録名の最適化
  2. 主カテゴリーの最適化
  3. コンテンツを継続的に追加
  4. レビューを増やす
  5. 関連性の高いサイトからの被リンクの獲得

これら5つのポイントを一層注力するがMEO対策の最優先事項です。

Googleマイビジネスで上位表示された後「お問い合わせ」や「予約」などの反響数は劇的に増加したため、売上が上昇した結果となりました。

※クライアント様の実名、アカウント、データ、更に細かいMEO対策は契約上伏せさせていただきました。

あなたがもし、実店舗の経営をしているのであれば、今すぐGoogleアカウント、Googleマイビジネスを作成し、実行しましょう。

繁盛マーケンティングによるサービス「繁盛MEO」に関するお問い合わせは下記フォームよりご気軽にどうぞ。

まずはお気軽にお問い合わせください

繁盛マーケティングのサービスにご興味を持たれたり、あなたが集客に困っていて繁盛マーケティングのチームに相談をしてみたいと感じているなら、まずはこちらのお問い合わせボタンからお気軽にお問合せください。お急ぎの場合は、お電話での受付も対応も可能です。

お電話の場合/050-3631-9191
受付時間/10:00〜19:00(土日祝除く)