Googleマップの検索順位の基準を理解してGoogleマイビジネスを最適化(MEO対策)

Googleにてエリア+サービス名で検索した際に表示されるGoogleマイビジネス。

実際にあなたも何か検索した際に何度も見たことがあるでしょう。現在ではGoogleマイビジネスはGoogleのキーワード検索結果、そして地図検索の際に表示されるようになっています。

特に地域ビジネスで実店舗経営者の方はいまや登録必須です。

今回はこのキーワード検索、地図検索の際の順位の基準を理解すると共に、あなたのGoogleマイビジネスを最適化(MEO対策)して、1人でも多くのお客様を集客するための解説記事です。

Googleマイビジネスとは

キーワード検索でこの記事にたどり着いた方には説明不要だとは思いますが、その他の方の為に紹介しておきます。

Googleマイビジネスとはキーワード検索の際に、ホームページやブログ、ポータルサイトなどのコンテンツとは別枠で表示される位置表示付きのビジネス表示ができるツールです。

まだ登録していない方は関連記事を読み、登録の仕方と各機能を把握することをお勧めします。

 

Googleマイビジネスのメリット

繁盛マーケティングでも登録をお勧めしているGoogleマイビジネスにはたくさんのメリットがあります。

Googleが無償で提供している

まずは無料で利用できることです。少しでも広告コストは下げたい、でも多くのお客様を集客したいと思う方がほとんどです。

Googleが無償で提供しているこのサービスは少ない広告費しか用意できない小規模の企業、店舗であっても利用できます。

Googleの検索結果とは別枠

キーワード検索での上位表示を目指すためにはSEO対策が必要ですが、インターネットの利用が当たり前となった現在では、サービスやエリアによって若干難易度は異なりますが、激化している状態です。

SEO対策に比べ、Googleマイビジネスの上位表示であるMEO対策を取り入れている企業や店舗はまだまだ少なく、あなたのエリアで勝ち抜くための手段の1つとしては充分です。

冒頭でも述べたように、Googleでキーワード検索した結果には他のリスティング(広告、ホームページやブログ、ポータルサイトなど)別枠でしかも地図付きで表示されます。

Googleマイビジネスは音声検索にも効果的

これまでは検索窓にキーワードを打ち込むような検索の仕方から、現在では音声検索するユーザーが増えています。

また、Googleホームやアレクサなどスマートスピーカー、IoTの普及に伴い、今後も増加することが予想されます。

もしあなたが音声で近くのサービスを検索する際、スピーカーに何と呼びかけるでしょうか?

「栄 マッサージ」「博多 ラーメン」「住吉区 不動産」などエリアとキーワードを用いて検索する場合が多いと思います。

この様な「エリア+サービス名」に対しての検索結果としてGoogleマイビジネスは有利なツールと言えます。

インバウンド対策にも効果的

地域ビジネスにおいて外国人観光客の対策も見逃せないでしょう。観光庁が発表した2018年のデータでは年間日本に訪れる外国人観光客は3000万人を超えています。

スマホを片手に検索する外国人観光客も単純なキーワード、音声検索が主流です。特に土地勘がないため、スマホでの検索に頼る場合が多く、Googleマイビジネスは地図付きのため、検索した外国人観光客をあなたのサービスまで誘導することが可能です。

特に飲食店や宿泊施設、リース関係などのサービスを展開している方にとっては通常の売上とは別に伸ばせるポイントでもあります。

検索結果から読み取るGoogleマイビジネスの検索順位の基準

Googleマイビジネスとは何か、別記事で登録方法や機能、そして主なメリットを理解したところで、次はいかにあなたのGoogleマイビジネスを検索してきたユーザーに見てもらう対策を行うかが重要となってきます。

「博多 ラーメン」で検索時(サンプルとして福岡市南区から検索しています)

Googleマイビジネス 検索結果

検索時にわかるように、Googleマイビジネスでは上位3位まで近くのサービスを優先表示、4位以下は「さらに表示」ボタンを押すことで、今後はキーワードに対して広いエリアでの地図表示に切り替わります。

Googleマイビジネス マップ2

これをあなたのエリアとビジネスに置き換えて、注目して欲しいポイントがいくつかあります。

上位3位だけのGoogleマイビジネスのデフォルト表示では検索する際の「現在地」+キーワードの「博多 ラーメン」に反応した店舗のデータが優先して表示されています。

まずここで注目すべきポイントは「キーワードを必ず含んでいる」Googleマイビジネスが優先して上位表示されていることです。

しかし、2位の博多ラーメン 黒羽さん、3位の博多ラーメン 塩原いってつさんはGoogleマイビジネスの名前に両方のキーワードを含ませています

一方1位の博多三氣 野間店さんには名前にラーメンを含んでいないにも関わらず、1位です。これは「サービスのカテゴリー」を選択、そして「サービスの概要」にラーメンとテキストを入力し、それをGoogleが検索結果として認識しているからです。

つまり必ずしも検索キーワードをGoogleマイビジネスの名前に付けなければ上位表示されないというわけではないということです。

SEO対策と比べ、MEO対策は簡単に見えますが、上位表示するにはある一定の基準を満たすこと(MEO対策)、Googleが提唱するGoogleマイビジネス、Googleマップの基準を満たすことの2つに加え、公表されていないアルゴリズムを加えての順位付けとなっています。

Googleマップ・Googleマイビジネスの掲載順位の基準

Googleが公式に発表した掲載順位の基準には以下が挙げられています。

関連性

関連性とは、検索語句とローカル リスティングが合致する度合いを指します。充実したビジネス情報を掲載すると、ビジネスについてのより的確な情報が提供されるため、リスティングと検索語句との関連性を高めることができます。

距離

距離とは、検索語句で指定された場所から検索結果のビジネス所在地までの距離を指します。検索語句で場所が指定されていない場合は、検索しているユーザーの現在地情報に基づいて距離が計算されます。

知名度

知名度とは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、検索結果にはこうした情報が加味されます。たとえば、多くの人に知られている著名な美術館、ランドマークとなるホテル、有名なブランド名を持つお店などは、ローカル検索結果で上位に表示されやすくなります。

ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)も知名度に影響します。Google でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果の掲載順位に影響します。クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、掲載順位が高くなります。ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、SEO の手法もローカル検索結果の最適化に適用できます。

Google では、掲載順位を上げるためのリクエストや金銭の受け取りには一切応じておりません。検索アルゴリズムの詳細は、すべてのユーザーにとって可能な限り公平なランキング システムを構築するために機密情報となっています。

Googleマイビジネス ヘルプページより

 

初心者の方でも、もう少しわかりやすく説明してみましょう。

まず、関連性の項目について。

「関連性とは、検索語句とローカル リスティングが合致する度合いを指します」

とありまますが、検索時に入力されたキーワードとあなたのサービスのとの関係性が深いかどうかということです。

先程の例を用いると「博多 ラーメン」のキーワードに対して、あなたのサービスが深く関係しているのであれば、ランキングの上位に入る可能性が高いことを意味します。

もしあなたが博多ラーメンと関連性が強いサービスを展開しているとしても、Googleマイビジネスのデータが不十分であればもちろん評価は低くなります。

続いて距離の項目について解説します。

「距離とは検索語句で指定された場所から検索結果のビジネス所在地までの距離を指します」

とありますが、これは検索ユーザーが検索した時にいる現在地に基づきます。

「ここから近いラーメン屋」「近くのパン屋」などでキーワード検索、音声検索したい際に優先して表示されるのはこのためです。

ただし、「地名+サービス名」で検索した場合は、「近くの〇〇」よりも優先されます。

続いて3つめの知名度について解説します。

知名度とは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、検索結果にはこうした情報が加味されます。

ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)も知名度に影響します。Google でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果の掲載順位に影響します。クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、掲載順位が高くなります。ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、SEO の手法もローカル検索結果の最適化に適用できます。

 

とあります。つまり、Googleマイビジネスだけ充実させるだけで上位表示されるわけではないことでもあります。

公式発表のように、SEO対策にもあるリンク数やコンテンツの内容、店舗の詳細、WEB上に公開されているいずれかの口コミ(Googleや公式サイト、ポータルサイトなど)が加味されることを覚えておきましょう。

最後に

今回の記事を通じて押さえておいて欲しいGoogleマイビジネス、Googleマップの上位表示基準には「SEO同様に様々な要素が関わっている」と言うことです。

また、SEO対策と同様にMEO対策も検索ユーザーにとって親切であること、つまり「ユーザーファースト」であることは必須です。

簡単にできるほど甘くはないですが、MEO対策を行うことで得られる認知向上、集客手段、売上向上とあなたのサービスにおいて大きなメリットをもたらすことには変わりありません。

地域で1番の繁盛店を目指す為に、繁盛マーケティングはGoogleマイビジネスの上位表示であるMEO対策をお勧めします。

まずはお気軽にお問い合わせください

繁盛マーケティングのサービスにご興味を持たれたり、あなたが集客に困っていて繁盛マーケティングのチームに相談をしてみたいと感じているなら、まずはこちらのお問い合わせボタンからお気軽にお問合せください。お急ぎの場合は、お電話での受付も対応も可能です。

お電話の場合/050-3631-9191
受付時間/10:00〜19:00(土日祝除く)